緊急時の対応


火災(かさい)のとき

 火事(かじ)のときは、(おお)きな(こえ)近所(きんじょ)(ひと)()らせ、消防署(しょうぼうしょ)電話(でんわ)して、消防車(しょうぼうしゃ)()びます。

 電話番号(でんわばんごう)は119

火事(かじ)です(Kaji desu)」(つた)え、どこで火事(かじ)があったのか()らせます。(住所(じゅうしょ)(ちか)くの目印(めじるし)になるものなど)



急病(きゅうびょう)やけがのとき

 急病(きゅうびょう)や、けがのときは、消防署(しょうぼうしょ)電話(でんわ)して、救急車(きゅうきゅうしゃ)()びます。

 電話番号(でんわばんごう)は119

(かる)いケガや病気(びょうき)で、自力(じりき)病院(びょういん)()けるときは、タクシーや自家用車(じかようしゃ)利用(りよう)してください。
救急(きゅうきゅう)です(Kyukyu desu)」(つた)え、どこで(住所(じゅうしょ)または(ちか)くの目印(めじるし)になるものなど)、どうしたのか(病気(びょうき)やけがの状況(じょうきょう)など)を()らせます。



盗難(とうなん)事故(じこ)にあったとき

 盗難(とうなん)など犯罪(はんざい)交通事故(こうつうじこ)にあったときは、警察(けいさつ)()びます。

 電話番号(でんわばんごう)は110

泥棒(どろぼう)(はい)られました(dorobo ni hairaremashita)」「交通事故(こうつうじこ)()きました(kotsu jiko ga okimashita)」(つた)え、いつ、どこで、なにがあったのかを()らせます。


「119」「110」は無料(むりょう)です。公衆電話(こうしゅうでんわ)では、10円玉(えんだま)もテレホンカードも必要(ひつよう)ありません。



地震(じしん)のとき

 地震(じしん)発生(はっせい)したとき、被害(ひがい)最小限(さいしょうげん)におさえるには、(あわ)てずに適切(てきせつ)行動(こうどう)をすることが(きわ)めて重要(じゅうよう)です。そのために、日頃(ひごろ)から地震(じしん)(さい)(ただ)しい心構(こころがま)えを()につけておくことが重要(じゅうよう)です。

○あなたを(まも)行動(こうどう)
1. まず()()いて()安全(あんぜん)(はか)る。
()れを(かん)じたら、まず丈夫(じょうぶ)(つくえ)やテーブルの(した)()(かく)す。
座布団(ざぶとん)などがあれば、頭部(とうぶ)保護(ほご)する。
()れを(かん)じ、余裕(よゆう)があれば、玄関(げんかん)などの(とびら)()けて非常(ひじょう)脱出口(だしゅつぐち)確保(かくほ)する。
(あわ)てて(そと)()()さない。
2. (あわ)てず冷静(れいせい)火災(かさい)(ふせ)ぐ。
使用中(しようちゅう)のガス器具(きぐ)、ストーブなどは()れがおさまってから()()す。
ガス器具(きぐ)元栓(もとせん)()め、電気器具(でんききぐ)電源(でんげん)プラグを()く。
地震後(じしんご)避難(ひなん)する場合(ばあい)は、ブレーカーを()ってから避難(ひなん)する。
()()たらまず消火(しょうか)する。
3. (せま)路地(ろじ)(へい)ぎわ、(がけ)(かわ)べりに(ちか)づかない。
4. 避難(ひなん)のテクニック
避難(ひなん)徒歩(とほ)で、()(もの)最小限(さいしょうげん)にする。
山崩(やまくず)れ、がけ(くず)れに注意(ちゅうい)をする。
5. (ただ)しい情報(じょうほう)入手(にゅうしゅ)する。
テレビ、ラジオの報道(ほうどう)注意(ちゅうい)をしてデマにまどわされないようにする。
市役所(しやくしょ)消防署(しょうぼうしょ)警察署(けいさつしょ)などからの情報(じょうほう)には、たえず注意(ちゅうい)する。
不要(ふよう)不急(ふきゅう)電話(でんわ)はかけない。(とく)消防署等(しょうぼうしょとう)(たい)する災害(さいがい)状況(じょうきょう)()()わせ(とう)消防(しょうぼう)活動等(かつどうとう)支障(ししょう)をきたすのでやめる。
6. (かる)いけがなどの処置(しょち)は、みんながお(たが)いに協力(きょうりょく)しあって応急(おうきゅう)救護(きゅうご)する。
7. 建物(たてもの)倒壊(とうかい)落下物(らっかぶつ)下敷(したじ)きになった(ひと)がいたら、みんなが協力(きょうりょく)しあって救出(きゅうしゅつ)活動(かつどう)をする。
8. 自動車(じどうしゃ)運転(うんてん)をしているとき。
道路(どうろ)左側(ひだりがわ)()()停車(ていしゃ)し、エンジンを()める。
カーラジオで災害(さいがい)情報(じょうほう)()く。
警察官(けいさつかん)交通規制(こうつうきせい)(おこな)っているときは、その指示(しじ)(したが)う。
避難(ひなん)するときは、キーをつけたままにして、徒歩(とほ)避難(ひなん)する。


日頃(ひごろ)からの対策(たいさく)
1. 家族(かぞく)(あわ)てずに行動(こうどう)できるように、日頃(ひごろ)から(つぎ)のようなことを(はな)()い、それぞれの分担(ぶんたん)()めておく。
(いえ)(なか)でどこが安全(あんぜん)
救急(きゅうきゅう)医薬品(いやくひん)消火器(しょうかき)などの点検(てんけん)
幼児(ようじ)老人(ろうじん)避難(ひなん)(だれ)責任(せきにん)()つのか
避難場所(ひなんばしょ)はどこにあるのか
避難(ひなん)するとき、(だれ)(なに)()()すのか、非常(ひじょう)持出袋(もちだしぶくろ)はどこに()くか
(ひる)(よる)場合(ばあい)家族(かぞく)みんなの分担(ぶんたん)をはっきり()めておく。
2. 家具等(かぐとう)転倒(てんとう)落下防止(らっかぼうし)
家具等(かぐとう)()(がね)などで固定(こてい)しておく。
3. 消火器(しょうかき)などの(そな)
懐中電灯(かいちゅうでんとう)消火器(しょうかき)(そな)える
風呂(ふろ)には(みず)をはっておく
バケツを用意(ようい)する
(ゆか)飛散(ひさん)したガラスなどを(ふせ)ぐため、厚手(あつで)のスリッパや運動靴(うんどうぐつ)などを用意(ようい)する。
4. 非常持出品(ひじょうもちだしひん)準備(じゅんび)
避難場所(ひなんばしょ)での生活(せいかつ)最低限(さいていげん)必要(ひつよう)物品(ぶっぴん)と、負傷(ふしょう)したときに応急(おうきゅう)手当(てあて)ができるよう準備(じゅんび)をしておく。
5. 家族(かぞく)安否(あんぴ)確認方法(かくにんほうほう)
地震時(じしんじ)()()場所(ばしょ)をあらかじめ(さだ)めておく。
地震時(じしんじ)安否情報(あんぴじょうほう)()()ぎしてもらえる親戚(しんせき)知人(ちじん)遠方(えんぽう)()んでいる(ひと))を()めておく。
NTT「災害用(さいがいよう)伝言(でんごん)ダイヤル171」の活用(かつよう)家族(かぞく)()めておく。



台風(たいふう)洪水(こうずい)のとき

 日本(にほん)では(なつ)から(あき)にかけて台風(たいふう)(おお)く、強風(きょうふう)豪雨(ごうう)で、地滑(じすべ)りや洪水(こうずい)などの被害(ひがい)発生(はっせい)することがあります。強風(きょうふう)洪水(こうずい)(そな)えて、(つぎ)のことに心掛(こころが)けましょう。

1. (いえ)各所(かくしょ)点検(てんけん)し、被害(ひがい)をできるだけ(ちい)さくするために修理(しゅうり)補強(ほきょう)をしておく。
2. 停電(ていでん)することがあるので、懐中電灯(かいちゅうでんとう)携帯(けいたい)ラジオなどを家族(かぞく)全員(ぜんいん)(さだ)めたところに()いておく。
3. 非常(ひじょう)()()(ひん)(そろ)え、()しやすい場所(ばしょ)()いておく。
4. 最寄(もよ)りの避難場所(ひなんばしょ)避難経路(ひなんけいろ)確認(かくにん)する。



災害発生時(さいがいはっせいじ)避難場所(ひなんばしょ)
homepage 前橋(まえばし)地図(ちず)前橋市(まえばしし)緊急(きんきゅう)避難場所(ひなんばしょ)(べつ)ウィンドウ)