前橋の紹介


前橋市 雄大な赤城山の南麓に広がる前橋市は、清らかな水をたたえた利根川や広瀬川が市内を流れ、緑豊かで自然に恵まれた都市です。四季折々の風景が美しく、萩原朔太郎をはじめとする多くの詩人を生み出したことから、「近代詩のふるさと」ともいわれ、「水と緑と詩のまち」をキャッチフレーズにしています。
 1892年の市制施行以来、群馬県の県都として、政治、経済、文化の中心として発展を続けています。2004年には、周辺の大胡町、宮城村、粕川村と合併、2009年には富士見村と合併して新しい前橋市として一歩を踏み出しています。


水のまち前橋

広瀬川 市街地の西を流れる利根川は、別名「板東太郎」といわれ、全長は全国2位、流域面積は日本一です。初夏には鮎釣りが楽しめます。また、利根川河川敷を生かして造られた前橋公園親水ゾーンには噴水、池、滝などがあり、水と親しめる市民の憩いの場となっています。
 市街地の中央を流れる広瀬川の両岸は、四季の花々や木立、詩碑やモニュメントが楽しめる遊歩道になっています。晩秋から冬にかけては、幻想的な川面を夜の中に映し出すライトアップが行われます。



緑のまち前橋

敷島公園 公園の森や木立、大通りに延々と続く並木、市街地に点在する緑地など前橋は全国的にみても緑の多い都市です。駅前通りのケヤキ並木や敷島公園、広瀬川の柳並木は前橋の緑のシンボルとなっています。
 敷島公園には、約600種7,000株のバラが咲き誇るばら園があり多くの人が訪れます。また、様々な花を楽しめる植物園、約2,700本の松林、広々とした河川緑地があり、四季折々の表情を私たちの届けてくれます。



詩のまち前橋

萩原朔太郎 自然に恵まれ、生糸のまちとして栄え、経済的にも恵まれていた前橋市には、自由な文化を背景に多くの詩人が活躍しました。日本の口語自由詩を確立した萩原朔太郎、アナーキスト詩人として知られる萩原恭二郎、現代詩壇の巨匠伊藤信吉など、多くの詩人を輩出しました。
 広瀬川のほとりには、前橋にゆかりのある詩人を中心に紹介した「前橋文学館」があり、詩人と作品の鑑賞・研究の拠点となっています。また、現代詩の分野で優れた作品を残した作者に毎年、「萩原朔太郎賞」を贈るなど世代を超えて詩心を伝え続けています。



前橋市のデータ

○位置と面積
面積 311.59km
東西 約20km
南北 約27km
最高標高 1,823m(黒檜山)
最低標高 64m(下阿内町)
市役所の所在地 前橋市大手町二丁目12−1
東経 139°03′49″
北緯 36°23′21″


○人口(2017年2月末)
338,616人(外国人登録人口を含む)


○気候(2011年)
平均気温 15.3°C
平均風速 2.7m/s
年間日照時間 2,211.2h
年間降水量 1,310.5mm


○市域の変遷
1892年 市制施行
1901年 上川淵村の一部を編入
1951年 桂萱村の一部を編入
1954年 上川淵村、下川淵村、芳賀村、桂萱村、東村、元総社村、総社町、南橘村と合併
1955年 清里村を合併、新高尾村と木瀬村の一部を編入
1957年 城南村の一部を編入
1960年 玉村町と城南村の一部を編入
1967年 城南村と合併
2004年 大胡町、宮城村、粕川村と合併
2009年 富士見村と合併


○市章
市章  「輪貫(わぬき)」といい、前橋藩主であった松平氏の馬印からとったもので、1909年に市章として制定されました。外円と内円の半径比は1対0.73です。


○市の木・花(1975年制定)
木: - 花:
けやき
けやき
いちょう
いちょう
ばら
ばら
つつじ
つつじ


○市民憲章(1983年制定)
市民の願い

わたくしたちは
水と緑と詩のまち前橋の市民です
日々のしあわせと伸びゆくこのふるさとの
明日をめざして

1 やさしい心をもとう
1 強いからだをつくろう
1 たのしく働こう
1 自然をまもろう
1 文化を大事にしよう